.
.
2012. 08
.

用語解説
ビマ 愛しの「B-MAX
麗しの「クランキーコンテスト
登場人物的な紹介

. .
. 8月某日/以外に遠かった草津
どこか温泉に行きたいなぁ。。。ということで,
夏休みになったら温泉に行こうと計画していました。

鶴見(神奈川県横浜市)に住んでいたときは,
湯河原,熱海,箱根ばかりでしたので,
それ以外のところが候補です。

嫁がいろいろ探した結果,今回は「草津」に決定しました。

そもそも草津って何県なのかも知らなかったですが,
群馬県とのこと。群馬ならそこまで遠くないね。

群馬と言ったら,みなし機撤去間近にスカルヘッズ,クランキーコンテスト2,ミラクルを打った以来かな。
温泉地としては超有名な草津なので楽しみでした。

【1日目】
んで当日は所沢インターから関越道に乗り込みます。
道は比較的空いていましたが,途中どこかのジャンクション付近で渋滞していました。
そんでもって軽井沢インターで降りる。軽井沢!?

道はカーナビに任せっきりだったので,疑問に思わなかったけど,
てっきり群馬県のどこかのインターで降りるのかと思ってました。
軽井沢って長野県だよね?

まぁシビアなタイムスケジュールでも無かったので,
ナビ通り進んでいきましょう。

軽井沢インターで降りると有名な「72」ゴルフ場がありました。
関東人のゴルファーなら一度は聞いたことがあると思われるリゾートゴルフ場ですね。
リゾートとは言ってもプロツアーコースでもあるし,
72ホールもあればさすがに難しいコースもあるんでしょうね。

んでそのコース沿いの道は広いけど,すごい数の路駐(パーキングメーター?)でした。
更に進むと軽井沢散策でのメイン通りっぽいところにたどり着きました。
狭い車道にオシャレな店やカフェがズラーッと並んでました。

本当は車を止めて散策したかったけど,今回は断念。
ぼっそーおすすめのミカド「モカソフト」が食べたかった。

更に進むと舗装されていない道路に変わっていく。
この道で本当にあってるのか!?ってくらいの道でした。
すると数が多い駐車スペースがあったので,トイレ休憩も兼ねて停車。
なんかの観光名所なのかな?と調べてみたら。。。
「白糸の滝」というところらしい。
駐車スペースから徒歩数百メートルらしいので,見に行ってみました。

するとこんな感じの綺麗な滝がありました。
しばしの間,マイナスイオンを吸収させてもらう。

軽井沢インターを降りたときは都内と変わらない暑さ(とはいっても湿気がない「カラッとした暑さ」)でしたが,
この滝の近辺はメチャメチャ涼しかったです。
(半袖と短パンでしたが,涼しいというよりはちょい寒いくらい)
さすが避暑地やな。

更に先に進むとやっと舗装された道に戻りました。
そんでもって,地方道お約束の「有料道路ラッシュ」が始まり,
小出し小出しにお金をむしり取られていきます。
せっかく導入したETC使えないし・・・

んで,とある有料道路に向かう途中,
右折する場所を間違え(一本手前を右折しちゃった)どこかでUターンしようと思った際,
こんな看板がありました。

「この先メロディライン 時速40キロで走行するとちゃんと聞こえます。」

なんと曲は「おお牧場は緑」!

せっかくだから聞いていこう

「おーまきばーはー みーどーり♪ くさーの うーみー かぜーが ふーくー♪」
「おーまきばーはー みーどーり♪ よくーしげったーもーのーさー♪」

ちゃんと聞こえる!すげええええええええ!!
本当はもう一周して,動画撮ろうと思ったけど帰りでいいやってことで,撮りませんでした。
(結局撮らなかった。理由は後述)

是非パルに聴かせたかった。

更に進むと「草津節」のメロディラインもありましたが,
「おお牧場は緑」ほどの感動はありませんでした。

結局,軽井沢インターから60kmくらい下道を進むと目的のホテル「ホテルヴィレッジ」に到着しました。

到着後はちょっと休憩して風呂入ってご飯食べて寝ました。
エアコン全然効かなくて暑かったです。(フロントにクレームしたら次の日からは快適になりました。)

【2日目】
本日は,この旅行のメインでもある前日予約していた,アスレチック的なことをやってみることに。
簡単にいうと滑車を使ったターザンロープや綱渡り的なアスレチックアトラクションです。

まずはリアクション芸でおなじみのハーネスを装着します。
あとは滑車付の命綱1本と普通の命綱1本。
40分くらい講習を受けてからのスタートとなりました。

木と木の間にある,さまざまなアトラクションを通過していくので
いったんコースに入ると基本的に木の上です。

(木で待機→アトラクション→次の木へ・・・という感じ)

アトラクション間で次のアトラクション用に滑車を付け替えする際,
一瞬でも命綱をつけていない状態を回避するため,

(アトラクション終了)

待機の木に命綱をつける

次のアトラクション用の滑車付命綱をつける

命綱を外す

このような感じで,進んでいきます。
講習でこれらの説明を受けますが,
基本コースに入ると実践者のみとなるので,
手順を省いて直接滑車を外し,次のアトラクションの滑車をつける前に落下・・・とかも考えられます。
毎日やってる人なら手順を忘れたりしないのでしょうが,
40分の講習後にすぐ実践ですから忘れる人もいるのでしょうね。

ちなみに子供用のハーネスは,アトラクション間も滑車を外さなくてもよいタイプなので,
いったんコースに入ると終了まで滑車を外すことが無いので安全です。

ちなみに地上から4,5mくらいはある高さでアトラクションを進めていきます。
命綱があるとはいえ,結構スリルがありました。

アトラクションは吊り橋やら,ネットづたいにカニ歩きやら,
丸太を縦にした吊り橋やらがありました。

目玉は最終アトラクションの50mのスライダー。
これはメチャメチャ気持ちいいです。

ちなみに今回は子供と一緒だったので初級者コースでしたが,
初級者コースの3倍の数の上級者コースの場合,複数のスライダーができ,
更に最後は100mスライダーがあるそうです。次回はこっちをやりたいな!

ってことで,全員無事に生還し昼食をとります。
その後は室内+屋外のプールに入りました。
子供たちも1年くらい前からスイミングスクールに入っているので安心です。

ぐったり疲れた後,少し休憩をして夕食。
その後事前に買っておいた花火をして2日目終了となりました。

【3日目】
朝食後,私だけ温泉に入ってからチェックアウト。

帰りの道ですが,ナビを複数ルートで比較してみたところ,
やっぱり群馬のインターチェンジから入るルートもあり,
行きのルートと比較すると差は5分も無いくらいでした。
(どっちのルートも下道は60kmくらいはある)

行きはクネクネ道が多かったので,帰りは別ルートから行くことにしました。
(本当はメロディラインをもう一度やりたかったけど・・・)

平日だったので道はガラガラ。
途中伊香保温泉とかあったので,次回は伊香保もいいかなー
時間があれば軽井沢とかも観光したかったけどね。

そんなこんなで初草津はとても楽しかったです。
でも休みの日だと下道が混みそうだったので,
やっぱ高速降りてから近いところがいいなー。
.
. .

. .
. 8月某日/ライズアライズ
例のゲームセンターRIZEの大会に参加してきました。

基本ルール
1:機種は基本的に4号機A400〜A600まで(ツインビッグ機等もあり)
2:一部3号機Aタイプ,5号機ノーマルタイプもあり
3:4号機A400,3号機5号機は差枚数そのまま
4:A600機(大花火など),ツインBIG機(ハイパーラッシュなど),それ以外(ナイツなど)にハンデ有
 (例)大花火(差枚-50%),ハイパラ(差枚-20%)など
5:11:00〜17:00までの6時間勝負

こんな感じです。
正直差枚50%マイナスは厳しすぎるので,私はA400タイプの「Lets」にしました。
(50%マイナスだとベースも減らされ,更にBIG獲得枚数は800枚平均じゃないと,
 ハンデなしのA400機には勝てない計算になります)
ひっさびさの6時間休みなしのフル攻略スロ・・・近年まれにみる疲れでした。
(DDTしなきゃまだ楽だけど,やっぱ大会だしね)
途中,出勤前の「よしいちゃん」が激励にきました。thx!

結果は42人中17位(タコスロと同一差枚)
内訳はこんな感じ


今日は「ちゃみ」さんがルパン3世を打っており14位となかなかの記録。
もう一人の知り合いは「クランキーコンテスト2」を打っており,42位とのことでした。
差枚マイナス!?
もしかして・・・最下位!?
名前はあえて言いませんが,キーワード「板橋,チンピラメガネ,パル工業」の人です。
ひどい結果ですね。私なら片眉剃って2年くらい山籠もりするレベルです。

大会終了後,ちゃみさんと最下位のパルとなぜかいた「Cris」さんと4人で食事をする。
その後パル家に移動して反省会をしてました。

途中で「DuelR」さんが合流し,みんなで再度巣鴨に行ったそうですが,
私は用事があったので最寄りの駅まで送ってもらいました。Dさんに感謝!

いやマジで疲れました。
これを考えると,当時は若かったなーって思います。
当時は,ほぼ倍の11時間くらいを打っており,
更に土日と二日連続とかもしてたし・・・今だったら等価Letsの6を確実に打たせてもらえる状況でも打たないわ。
.
. .

. .
. 8月某日/何年振り?
大人だけの時間ができたので,久しぶりに蕨へ。

世間的に夏休みの時期だったので,店内は混んでいました。
ピンとくるスロが無かったので,初めてパチンコを打ってみることにしました。
(パチ⇔スロ間の移動が自由だったらいいのにね,球とメダルを変換して)

そんでもって最初に打ったのは三洋の初液晶機「ブルーハワイ」です。

後にヒットした「アメリカンドリーム」の前身機でもあります。
アメドリといえば,ドラム仕立ての液晶機でBARリーチが熱い。
かたやブルーハワイは単純なデジタルで何が前身機なのかというと,
「連荘システム」が一緒でした。

両機ともに「保留玉連荘機」ですが,他メーカーの保連機とは異なり,
連荘は「保留玉4個目」のみとなっております。

新要件保連機といえば,平和の「麻雀物語,ダービー物語」や,
西陣の「麻王,花鳥風月」,SANKYOの「F.パワフル,キング,クィーン」等がありますが,
三洋の本機は「狙える保留玉連荘機」でした。

逆にいうと,打ち方次第では「絶対に連荘しない」ということがわかってしまう場合がありますがね。

先に連荘の仕組みを説明すると,

「アタッカー内のVゾーンに球が入賞した後に保留玉4つめを貯めると連チャン抽選を行う」

この事実により,通常時は保留玉を全て貯めてはいけません。
この状態で大当たりした場合は100%連荘は発生しません(自力除く)
ですから,必ず最低でも保留玉1個は空けておきましょう。

更に大当たりしてもすぐに打ち出しを開始してはダメです。
必ずアタッカーが開放してから球を発射しましょう。

後はVゾーン入賞後に保留玉4つめが貯まってくれるのは運になりますが,
ノーチャンス時は発射をストップすることにより,連荘率が大幅にアップします。

もしラウンド中に4つめの保留玉が貯まらなかった場合も即座に打ち出しを停止し,
次ラウンドが開始しアタッカーが開放するまで発射を停止します。
連荘抽選ゾーン以外は自力以外ノーチャンスなので,
更にいうと,アタッカーは10カウントで閉じますが閉じるのを待ってから発射を停止すると,
すでに打ち出し分の球がスタートチャッカーに入賞してしまう可能性があるので,
ゾーン以外は単発打ちで消化が理想です。

ゾーン中に保留玉4つめを貯めれればチャンス到来で,
ドキドキしながら大当たり終了後の保留玉消化を待ちましょう。

この仕組みを踏まえつつの実践ですが,
さすがにゲームセンターなので釘は良いので保留玉がバンバン貯まります。
すると悲しいことに保留玉がMAX状態でリーチ→スーパーリーチと発展し,見事大当たり。
開始10回転くらいので出来事でした。

これほど悲しい大当たり消化はありませんでした。

で,気を取り直しての2回目ですが,
38回転目くらいで,スーパーリーチが発生し,見事大当たり。
今回はちゃんと1個空けておきました。
あとは,Vゾーン入賞前にスタートチャッカーに入らないことを祈りましたが,
見事に連荘ゾーン中に保留玉を貯めることができました。

それでドキドキの大当たり終了後,
4回転目にリーチがかかり,スーパーリーチに発展前に当たってくれました。
超楽しい!!

ちなみにアメリカンドリームも同じ仕組みです。
一番悲しいパターンは「大当たり中に保留玉4個目が貯まらない」という,最悪釘でしょうね。
私の現役時代はそこまで釘が悪いブルーハワイもアメドリもなかったですが,
当時はそういう場合もあったことでしょう。

その後,2回大当たりを追加しましたが,
いいタイミングで保留玉を貯めれたけど連荘しなかったので,次の台に移動します。

平和の羽モノ「ぽんぽこ林」です。

ブルーハワイもそうですが,詳しくはパチコーナーに書いています。
役物の動きはありますが,ごく普通の羽モノです(ラウンド抽選等無し)
トトロみたいな役物の顔部分に穴が開いており,
そこを通過し,下役物の中央にあるVゾーンに入賞すれば大当たりです。

大当たり中は4個入賞までは通常時と同じ動きで,Vゾーン入賞は運任せになります。
4個入賞すると,下役物の動きが停止し,上役物の穴に入ればほぼ継続確定となります。

ラウンド継続の攻略として,
まず上部の顔部分の穴に入らないとVゾーンには,ほぼ入賞不可能なので,
下役物が停止するまで普通に打ちます。
(突き詰めれば連続入賞して継続チャンス数が少なるなる可能性があるので,
3個入賞くらいから単発打ち推奨)

それでもって下役物が停止してから,打ち出しを停止し,
上役物の口が右側に来た時に打ち出しを開始します。
口に入ればほぼ次ラウンドに継続しますが,
口に入らなかった場合は即座に打ち出しを停止し,また口が右側にくるまで停止します。

上役物は狸の顔部分となっており,右回りに常時回転しています。
(知っている人なら知っている,ナポレオンズの頭回転マジックのような感じ)
で,下役物へ通過できる「穴」は,口の部分と後頭部の2か所にあります。
後頭部部分が小さく,口部分が後頭部の倍くらい広くなっています。
(チャンス度的には「ファインプレー」のHOMERUNが口,HITが後頭部みたいなもん)

これの繰り返しでラウンド継続率は大幅にアップし,
役物への寄り次第ですが,ほぼ完走することが可能です。

10カウント内にVゾーン入賞で次ラウンドに継続しますが,
慣れるまではラウンド継続重視で打ち,
慣れてきたらカウントをギリギリまでしてからラウンド継続を狙っていました。

ぽんぽこ林は大森の旧「五光」って店で打ってたなー

んで3機種目が西陣の数珠連デジパチ「パーラーキング」です。

以前配信でも少し話しましたが,簡単に言うと「花満開」の桜の花びらを模したドットデジタルが,
「パチンコ球」に変わった感じのデジタルでした。
花満はピンクですが,こっちは美しい青色で目にも優しいデジタルです。

そもそもデジタル以外も「パチンコ台」をモチーフにしたデジタルで,
保留玉表示がチューリップ(通常は閉じたチューリップが,保留玉が貯まると開いた状態になる)
リーチ時は球を発射している演出になります。
(リーチ時は天上に発射しているだけだけど,スーパーリーチになるとリーチ音が変化し,
天上の入賞口に入る演出になります)

数珠連機の特徴は「モード方式」で,
例えば平和の「ブラボーキングダム」や「綱取物語」,
SANKYOの「Fフェスティバル」なんかも「モード方式」での数珠つなぎ連荘の代表でしたが,
パーラーキングはモード方式の元祖になるのかな?

13のモードが存在し,その中の一つのモード以外は無抽選状態となっております。
んで大当たり乱数が存在する天国モード滞在時に1/16くらいの大当たり乱数を引ければ大当たりとなります。
ざっくりいうと「1/16 * モード数(13)=1/208(公表の大当たり確率)」となります。

モード移行の条件として「ハズレリーチ後」と「連続回転が途切れた場合」の2種類があります。
特徴として「大当たり終了後8回転はモード移行を行わない」という特性があり,
これが数珠つなぎ連荘の要因となっております。

今のパチでいえば・・・
 確変突入率    :100%
 確変回数     :8回転(+α)
 確変時大当たり確率:1/16
こんな感じになります。

大当たり終了後,8回転以降がプラスアルファの部分になり,
ハズレリーチは運任せになりますが,
ハズレリーチを引かずに保留玉を途切れずに打てた場合,
大当たり確率1/16の天国モードに永久に滞在することが可能です。

まぁハズレリーチは運なので永久ループは無理ですが,
少なくとも「大当たり終了後,ハズレリーチを引くまでは連続発射」が必須ですね。
例えハズレリーチを引いたとしても,それまでに貯めた保留玉については天国モードで抽選してくれるため,
リーチ演出が終了し,次回転が始まるまで保留玉をMAXにできるように発射を止めないようにします。
(もし,ハズレリーチ後の保留玉で大当たりした場合,モード自体は移行しているので,
モード維持打法は逆にNGとなります)

通常時の打ち方としては・・・
1:連続回転で20回転くらい回す
2:当たらなかったら保留玉を消化する
これを繰り返します。実際には途中でハズレリーチが発生したり,
連続回転が途切れたりするので難しいですが。

天国モード中に大当たりした場合は・・・
1:連続回転を途絶えさせない。(保留玉全点灯をキープするため,明らかに無駄球以外は打ちっぱなし)
2:8回転目までは大当たりすることを祈る
3:リーチが発生しハズレが確定するまで保留玉全点灯する。リーチ中でも保留玉を貯める
4:リーチが外れたら全保留玉を消化し,通常時の打ち方をする

ハズレリーチ後の保留玉で大当たりした場合は・・・
1:8回転目まで単発打ち
2:8回転終了後,保留玉があれば消化してから通常時の打ち方をする

こんな感じです。
ちなみに同社のパチンコ大賞(旧要件羽モノ)のオヤジをモチーフとしており,
セル絵柄やアタッカーに登場しています。

同じデジタルを使用した「銀玉人生」という兄弟機がありましたが,
本機のような連荘システムではありませんでした。

で,1回当たりましたが数珠連はせず終了となりました。
たまにはパチもいいね!機会があればもっかい打ちたいです。
.
. .