登場人物的な紹介
.
.
2010. 06
.
用語解説
ビマ 数年ぶりの登場。愛しの「B-MAX
久々に電源を立ち上げ、元気に稼働中。
遂に購入した「クランキーコンテスト
一番機械割りが悪いコイツが我が家では一番フラグが重いのはなぜ?
衝動買いした「Lets
「LEgacy of Tiny Seed」の略。上記の2機種を含め、私の青春でした。
イプ またもや衝動買いした「イプシロン
我が家では初の山佐機です。

. .
. 6月某日/迷Q組曲
そんでもって、なんとなくポチってしまった機種が 我が家に到着しました。

都内O区の某店で打った以来になるのでしょうか?

メイクエ(迷Q)

今まで購入した機種達は全てイメージ通り(まぁ当たり前)なのですが、 本当に久々にみたメイクエは「こんな台だっけ?」って感じでした。

1>筐体が赤い!?

前面はいわゆる「DAIDO」筐体(電飾がG-SHOCK風な飾りつけ)なのですが、 リールや基盤が収納されている部分が赤く塗装されていました。
私が所持しているユニバ筐体やアルゼ筐体はどちらも黒でした。 やはり現役時代はシマに設置しているイメージしかないので、 筐体の色までは記憶になかったのでしょう。
それとも買ったところで塗装したのかな?

2>予告音やフラッシュがあったんだね・・・

てっきり演出等が何も無いA400かと思ってましたが、 予告音もフラッシュもボーナス告知機能も搭載していました。 こいつのフラッシュ発生はものすごい早く、 第三ボタンを押す瞬間に即発動します。 他メーカーのフラッシュ搭載機と比較すると、 「ボタンを押す前からスタートしている」と思うくらいです。

3>そうそう。BIG中はボタンを見ながら打つんだよね。

BIG中はボタン箇所が「点灯or消灯」しますが、 「点灯=小役orハズレ」「消灯=JACIN」と非常にわかりやすいです。
・・・わかりやすいですが、スロってリールから目を離すことは余りないので、 一連の作業はかなりの違和感があります。
アルゼのミレニアム筐体(リアルボルテージやサンダーV2などの筐体)とかも、 ボタンの色で小役ナビ的な演出に使ってますが、 私は殆ど見てません。(っていうかいつも存在を忘れてます)

4>ハズシ時の最終停止位置

こいつの逆押し時のJACINは中段ライン限定になるので、 左リール中段に青7をビタ押しでハズシます。 配列上、青7の上にチェリがあるため、チェリが無い位置までスベって停止するのですが、 その最終停止位置が「ベル-スイカ-BAR」の場合と、 もう1コマ滑った「リプ-ベル-スイカ」で停止する場合があります。

最終停止位置が複数ある場合、ユニバ系(B-MAX、アレックス等も同じような制御があります。) だとアシストハズシが可能になることが多いですが、メイクエはどうなんでしょ? 試してみよっと。

5>リチ目は探しきれるか!?

現役時代から「あまりリーチ目が無い機種なのかな?」と思ってましたが、 実際にはどうなんでしょ?
打ち込む前に早々と消えまくった機種なので、調べてみようかと思います。

6>やっぱシンボルとサウンドは秀逸!

この2点に惚れ込んで購入したのですが、 これは記憶どおりの秀逸ポイント。 ホント青7も小役ゲームサウンド、JACゲームサウンド共に、素晴らしいと思います。 是非一度見て、聞いてみてください。
.
. .

. .
. 6月某日/すんごい落ちるよ!
ってことで、実際に洗浄してみました。 洗剤はマイペットを使用。

すんげー汚れが落ちる!

正直感動しました。
タバコ吸っていてる身でいうのはなんですが、 ヤニ汚れはひどいね。

今回はパネル3枚(リール上、盤面、下パネル)ですが、 次回はリール本体も洗浄します。

ダラさんに色々コツを教わったので、 どのくらい落ちるか楽しみです。
.
. .

. .
. 6月某日/スロのレストア
ここまでのあらすじ。

(1)
ニコ生の追加機能として、外部エンコードソフト(Adobe FlashMediaEncoder 通称「FME」)での 配信が可能となる。(高画質での配信が可能となる)

(2)
私も早速やってみる。→すんげー綺麗!→でも重いナ・・・→(タスクマネージャ見る)→ CPU使用率常時100%(常駐ソフトとか終了しまくっても変化無し)→さすがにヤバイ。

(3)
今のPCも7年前に組んだ奴なので、ちょうど良いから買い換えるか・・・
悩んだ結果、「Intel Core i7 860」で組むことにする。

(4)
秋葉原でパーツ屋巡り。気がついたら「AMD PhenomII x6 1055T」を購入していたのはなぜだろう。

(5)
組み立て開始。インストール地獄が始まる。

(6)
とりあえずベースが出来上がったので配信開始→カックカクやでぇ!!orz
(CPU使用率は30%前後で安定)

(7)
3回目の再インストールでなんとか形になる。(ついでにグラボも購入) でもSCFHを使用した場合のみカックカクになる。あきらめることに。

(8)
ついでに「ファウスト」も購入。 ダブルナビはいつ見ても気持ちいいね。

(9)
筐体が増えたので、ユニ系筐体をもう一つバラすことにする。 (一番汚いコンテスト筐体)

(10)
基盤のネジを外そうとするも、ギッチギチに止めてあったせいか、 まったく緩まず。逆にねじ山がなめてしまう。

(11)
ねじ山補強剤を購入するもダメ。 ドリルでネジのど真ん中を掘り、そこに補強剤を流してようやく外れる。

(12)
バラし完了。

(13)
せっかくだからコンテストパーツの洗浄をしてみる。(リール、パネル)

(14)
やっぱコンテストが好きなのでレッツ筐体にコンテストパネルを移植

(15)
現状のラインナップ
イプシロン、ファウスト(そのまま)
ユニ系1
・筐体:ESP筐体
・パネル:B-MAX
・現在のユニット:B-MAX

ユニ系2
・筐体:Lets筐体
・パネル:クランキーコンテスト
・現在のユニット:クランキーコンテスト

今後はこの2つをベースとしてユニットを入れ替えようと思います。
(下パネルはすぐに付け替え可能ですが、前面パネルは当分このままの状態です)
旧車のレストアじゃないですがバラしたり、掃除したりするのは楽しいですね。 今度サビ落とし買ってこなくちゃ。
.
. .