.
.
2007. 3
.

. .
. 3月某日/まだだー!(by100萬トン)
一般的な世間ではワールドカップ一色なのでしょうが、ごく一部の世間ではアレのカウントダウンが始まっている。 (ってことで、これを書き始めたのが2006年6月くらいだったことが伺えます。)

数年前の話。。。

会社の飲み会かなんかがあり、一度も行ったことが無い歓楽街へ。 ものすごい量のお刺身やらお寿司やらで満足な私。 お酒の飲めない私は2次会に出席することもなく、 一人周辺散策。

サンダーVの筐体がお店の前で自動プレイで動いていました。 その当時は・・・獣王が全盛期〜末期の時期だったような気がします。 地下のスロコーナー(といっても1階、2階部分は規模縮小なのか閉鎖中)に降りていくと、 そこそこ面白い台がある。

中でも目を引くのはサーフトリップ。

「オゥケーーーィ!」

「ウワァァァァァァァ!」ってやつだ。

今まで打ったこと無かったし、バカスロっぽいので即着席する前に 更に奥へ進むと一時期ハマったアイツを発見。

ダイナマイト この店は客がぶっ飛んでいて、 客はゼロ。初来店なんで表裏もわからない。 まぁとりあえず打つ。普通な表でした。 新橋夢屋時代に一部の人に絶大な人気を誇ったダイナマイト(裏)ですが、 夢屋から消えてから見かけたのは2回目。 1回目は今の住まいに引越ししてから自転車で周辺散策したときに偶然見つけた店 (その後1ヶ月くらいで外されてた)

とりあえずベルさんに電話し、場所を教えてあげました。 その後ベルさんと1回打ちに行きましたが、 後に消えていました。(そのときはサーフトリップ打ちました) サーフトリップもすぐに消えましたが。

それから数年後。。。

大吾さんが地元に帰り、皆でスロを打ちに行くことも無くなりました。 とても寂しかったですが、正直たいして打ちたい機種もなくなった(近場の店とかには)ことで、 スロ熱も冷めていたので「なるようになった」結末でしょう。

とは言っても、無理やり花火百景打ったり、ヤジキタ打ったり、 草加で往年の台を打ったり、群馬でミラクル打ったり、 どっかでスカルヘッズ打ったり、静岡でメロディナーレとペンタゴン打ったり、 相馬でアメリカーナマグナム打ったり、 更に北でセンチュリー21を打ったり、パラディーエンジェル打ったり、リアルボルテージ打ったり・・・ など打つ回数自体は激減しましたが、まぁ楽しくやっていたと思います。

そうこうしているうちに剣豪登場。じゃなくて吉宗登場。 こいつも楽しく打たせてもらいました。(※:まだ普通に打てるけどね)(※2:この文章を書いているときは打てました)

更に月日が経ち。。。

2人の子供が誕生し、その間は店に入店することもなく1年ほど過ぎました。 たまーに「パパの日」と称して打つこともありますが、 番長or吉宗orパチンコくらいしか打ちませんでした。 (※今は俺の空とアマデジがお気に入りらしい)

そんでもって来るべくして来たアノ日。 「ミナシ機撤去DAY」ですが、私の感想は「またかよ」の一言。 何回も何回も何回も何回も…同じことを繰り返しやがって。 「どうせ、残っているところは残っているんでしょ?」と思っていました。

が、どうやら今回の今回の今回については本気らしいとのこと。 もしかしたら1年後とかに「まだあそこで打てるよ」って店がたくさん残っているかもしれません。 ですが、「宝くじは買わないと100%当たらない」と同じく 「消えた台は打てない」のは悲しすぎる。 以前、栃木でリバティーベル3を打ちに行った際、 なんと3、4日前に閉店していたという屈辱を味わったことがありました。 二度とあんな思いしたくはないし、子供が成長してくれば近場の店自体にすら行けなくなる。

よって、現時点での私の本気スロは今回が最後になります。 (※勝てるに越したことはないですが、勝ちに行くスロじゃなくて腰を据えてじっくり打つスロってことね)

話を戻して。。。

サーフトリップもダイナマイトも消えた普通の店には用は無い。 またテクテクと散策開始。

するとピアとかロペステーションとかの腐ったチェーン店密集地帯から離れた閑散としている店を発見。 店頭にあるのぼりには「吉宗、北斗」とどこにでもあるような風景。

しかし中にはDJ、ドロンジョ、009、百景、ネオプラと古いんだかなんだか微妙なラインナップ。 DJ打つならサンダー打つし、百景はたいして好きでもない、009は好きだけどまだまだ打てそうだし。。。 と思ったら「諸人こぞりて」が流れる。そういえばネオプラでこの演出見たことないんだよなーと思っていたら スーパープラネットでした。オリジナルじゃん!

高校当時の1番バッターだったスープラですが、正直リーチ目ほとんど忘れてます。 地元のYAMASA店にはアストロ、ビッパル、スープラ、ホールインワンとYAMASAの2、3号機が 全機種揃っていました。(ってか、この店にはこの4機種のみでしたが)

今、番長とか秘宝伝とかのDAITO筐体って下皿に中敷きというか上げ底というか、 そんなやつついてるじゃないですか? 最初、YAMASAのプラスチック下皿みたいに取り外し可能かと思ってましたよ。

せっかくの財産を・・・と悲しんでも忘れているものは仕方ない。 知識を失うほどに台への興味が薄れていくのは悲しいですが、打とうって気にならないのが現状。

って前置きはいいとして、着席したのはご存知「クランキーコンテスト」です。

正直、XDayに何を打つか考えました。 普通に考えて埼玉、東京、神奈川、千葉以外への遠征は出来ません。

打ちたいミナシ機を考えてみる。。。

・ダイナマイト
・B-MAX
・Lets
・イプシロン
・花月
・ファウスト
・バンバン
・マッドドクター
・スロットマン
・クランキーコンテスト
・スカルヘッズ
・マリーンバトル
・アメリカーナマグナム
・シルバーブレット
・裏HANAHANA
・裏ツイスト
・マジカルベンハー

まだまだあるけど、己の体は1つだけ。 B-MAXは家で打てるから除外。
ダイナマイトは新潟…無理。
イプシロン、花月、ファウストも近場になし。
マッドドクターは大阪にあるとかあったとか?まぁ無理。
スロットマン、シルブレ…日本に残ってるのか?
スカル、マリンバ…マリンバならどっかにありそうだけど。
バンバン…GPタワーにある?(もう消えた?)
各種裏…これももうないでしょ?

現実的に打てそうなのは鳥とLets。 ひじょーーーーに迷いましたが、おそらく打った回数が一番多いであろうコンテストに決定。


私とクランキーコンテスト

ウッチーのと出会い。

初めて打ったのは池袋にあるオオバンってお店でゲッターマウスをメインで打っていた頃、 すぐ近くにあるお店(店名忘れちゃった)の地下にあるゲッターマウスの向かいにありました。 その日のゲッターは不調で、ガラガラだったコンテストに座ったのが初打ちだったと思います。

たしかBIGを引いて、ハズシも知らなかったので順押し小役狙いだけやってたかなぁ。 たいした感動もなく全飲まれし即ヤメ。 それから数ヶ月はコンテストに着席すらしませんでした。

オオバンでの主戦機がゲッターからLetsに変わり、 店員や常連の帽子くん(懐かしいなぁ元気かなぁ)とも仲良くなり、 オオバンからLetsが消えてからこの店から去りました。

その後、インターネットで当時は珍しかったスロページ「クランコ倶楽部」にて 主催のウッチーと知り合う。ネットで知り合った人と会う。 今でこそ普通にある「OFF会」ってやつだ。

クランコ倶楽部に訪れた3日後にOFF会。 正直、他にどんな人がくるのかわからないし、 新参者の私には内輪ネタなんてついていけないし。。。 けど、せっかく誘ってもらえたんだから行ってみることにしました。

場所はグリンピースタワー(新宿) 他の人達はHP名にもあるクランキーコンドルを打っている模様。 人見知りの激しい私は地下にあったLets(1番台)をチョイス。

ありもしないけど、一応やってみた判別がなぜかBINGO。

一段落してからコンドルのシマへ行ってみる。 すぐに「あぁこの人達だ」とわかるほど異様な光景。 そこでウッチーを見つけて初対面。 とてもいい人で人見知りの激しい私にはとても嬉しかったです。 「下でLets打ってますわー」っと告げて戦線復帰。

その後も順調に出玉を増やし18時頃に飲み会。 私のOFF会デビューはとても楽しい1日でした。

月日は経ち、大体月1回くらいは皆で集まって打ってました。 仲の良い友達もでき、その人のホームグラウンドに魅惑の裏があるということで遠征へ。 言わずと知れたオダサガの青リンゴこと ビッグウィンクルだ。

詳細は省きますが、小役前兆のウラ物で基本的に青リンゴ4連でBINGO。 小役前兆はビガー以来だったし、ビガーも大好きだったので一発で虜に。 ホストであるいわしくんとファイアさん。 その日はファイアさんの家に泊めてもらい、次の日もリンゴ狩りへ。 この日はボロ負けしそうだったので早々にリタイアし、ファイアさんが打っていたクランキーコンテストを打ってみる。 隣でいろいろ教えてもらい、これって勝てるんじゃねーの?っとここで鳥ハンターmafが誕生。

コンドル全盛期は「1でも勝てる」ってことで、どこの店もほとんどALL1営業。 まぁコンドルはいいとして、この頃からどんな台でもALL1が主流になったのでは? (実際の話、コンドル以前は設定を気にして打ったことなんかなかったけどね) んでもって激辛スペックのコンテストでも高設定置くわけないじゃん!と思っていた事実を覆される。 判別したらボロボロ5、6が落ちる。コンテストはこんな状況だったんだ。

んで、相棒であった大吾さんと知り合い、平日会社帰りも休日も一緒に鷹狩りならぬ鷲狩りの日々へ。

その後は日記の通りで(今まで書いたことも日記の通りだけど) 鳥が消え、ビマが消え、夢屋が消え、スロへの情熱も消えていきました。


数日前にXDayの話を夢メンバー(夢屋時代の仲間たち)に話すと、 最後くらい連れスロでもしようかーってことで意気投合。 大吾さんがいないのは悲しいけど、ラストダンスを踊りましょうか!

2006年6月17日は私にとってラストになるだろう本気スロ。 ってか、その前にXDay最後の週末なんで台取れるのだろうか? 一時期有名になった遅刻maf、二度寝mafの名を返上できるのか? 最後の最後で1BIG500枚オーバーを達成できるのか? 3時間後には吉宗へ移動しているのか?

さぁお楽しみはこれからだ!


決戦の日

SAM兄に遅刻厳禁といわれ、9時10分前に京成上野駅へ到着。 だーれもいない。。。 タバコをプカプカしていたら、9時ジャストにナンチャン登場。 ちょっとしてからベルさん登場。 jeiさんもSAM兄も来ないけど、とりあえず並んでおこうかっと開店30分前に店前へ。

全然ならんでないじゃーん!っと思ったら、近づくにつれ店内の階段のところへズラーーット人人人。

正直もう帰ろうと思ったけど、どうやら抽選入場らしい。 とりあえず整理券だけもらってから考えよう。

17番

ベルさん、ナンチャンは60番、90番とかだったので別の店へ移動。 私も取れるかどうかわからなかったけど、とりあえず並んでみる。 入場開始となり、一人づつ店内へ。

コンドル。コンドル。アステカ。サンダー。。。とやっぱミナシ機から埋まっていく。 んで私の番。ラスト1台のコンテストが運良くあいてました。 同じく2台しかないゲッターは満席。ついているのかどうなのか?

いざ開始。

途中、ミトヤでビマを打っているナンちゃん、ベルさんを見に行くと、 テルさんも打っていたw お久しぶりーと再会を喜び、20時頃に飲みに行きましょうとなる。

枠下青でムフフとか。対角鳥でアバババとか。

いきなり結果発表!

ボーナス種類 ゲーム数 獲得枚数 コメント
BIG 250 250 2パン
BIG 119 496 ラス1でJACINも500に届かず
BIG 260 348  
BIG 20 384 クレジット連はいいよねー
BIG 52 357 いい感じ
BIG 255 397 設定6っしょ!(判別してないけど)
BIG 856 350 これは痛い
REG 10 - 早いボーナスもREG
BIG 355 371  
BIG 150 409  
BIG 73 373 ガンバレ自分
REG 160 -  
BIG 472 432 うーん。やっぱつらい
REG 3 - 一桁は気持ちいいよねー
BIG 152 365  
BIG 46 348  
BIG 358 364  
REG 89 -  
BIG 141 400  
REG 107 -  
REG 222 - 本日ラストのREGになるとは…
BIG 232 389  
BIG 150 459 450枚OVERは嬉しいだす
BIG 154 370  
BIG 2 366 2回目の一桁連
BIG 409 389  
BIG 72 424  
BIG 79 457  
BIG 160 356  
BIG 583 428 この中ハマリが無ければ…
BIG 69 416  
ヤメ 25 - もういいや…
総ゲーム数 6,094G
平均BIG確率 1/243.76
平均REG確率 1/1015.667
BIG回数 25
REG回数 6
BIG平均獲得枚数 388.04


↑ついでにグラフなぞ。。。

最終日で初の500枚越えか!?と思いましたが、 残念ながら願いは叶いませんでしたが、 まぁよくやったほうだと思います。

そんでみんなで焼肉食べてから終電で帰宅。

一言で感想を述べますと。

コンテストつまんねー!

これが長年打ってきた一番好きな台だったとは…と思うくらいつまらなかったです。 まぁ5,000枚でたり、通算フラグBRで70個とかだと感想も変わってくると思いますが、 なにしろ左に「鳥ベルスイカ」を狙うのがマジで嫌でした。 DDTって1枚単位まできっちり取るって意味では「勝つ」ことには大事ですが、 スロを「楽しむ」点ではどうかと思いますね。 もちろんDDTをすることによっての楽しみも沢山あると思いますが、 楽しさを犠牲にするのはよくないと数年かけてわかりました。 鳥に関しては、どっかで打つ機会があったときでもDDTするでしょうけどね。

正直、かなーり思い入れのあった大好きな機種であるコンテスト。 最初は長文になりそうだなーって思ったんですよ。 それがこの有様って悲しすぎでした。 今思えば、最後に打ててよかったという気持ちと、 思い出のままにしておけばよかったという気持ちが同居しています。

2007年2月現在 これらの機種をパチ屋で打つことはできなくなりました。 (私が知る範囲では)

丁度4号機当初の時代と酷似っぽいので、 今後、裏モノやコンドルみたいなのが出てくることを祈っています。


みなし機以降はこんな台を打っていました


押忍!番長

ちょうどスロを休止したときに出回った機種。 1発のみの1G連に興味が沸かないと言いつつ、 復帰後に打つと、吉宗にはない軽さとやっぱり好きな1G連にズッポシハマル。 天国ループ(通常の浅いところもあるでしょうが)で3時間くらい出っ放しを味わった時が絶頂期。 今でもたまーに打ちますが、1G連?なんですかそれ? 事故(特定役解除)待ちしつつ熱いゾーンとどこからでも打てちゃう自分がいる。 通算は負けてるかなぁ


秘宝伝

番長からさらに1G連を取っ払った台。 相方の感想も悪かったのでなかなか打たなかった機種ですが、 「初打ち→BIG1発→飲まれ」…で疎遠に。 初回を含めて5回打ちましたが、かなり勝たせてもらってます。 2回目は延々と2時間くらい出っ放しで閉店。 3回目は1撃4,000枚。即ヤメしようと思ったけど、 直感的にヤメちゃだめだ!と思い、勝負続行。 2回チャンス目→2回高確率でそこから3,000枚上乗せでヤメ。 万枚出す気マンマンだったけど、チャンス目を引けなくなってヤメ。 チャンス目は8割くらいは高確率になっていたんじゃないかな? 高確率突入時の原始サウンド+象形文字は痺れますね。


俺の空

俺は男だ!男だぞ! これも相性がよかったりします。 一平よりライバルのヒゲの方が好きです。はい。 一度だけスーパー俺モードに入りましたが、感動は皆無。 俺タイム→やりおった→ボーナス狙う→テンパイせず→ちっ→ポチポチ→うぉー!→BIG あれっ?今なんか言ってたけど・・・あっ!リプ5連か! それ以来、注意深く打っても「やりおった」すらありません。


クランキーコンドルX

中段赤7のサウンドだけが楽しみ。 解説は下のサンダーと一緒に。。。


サンダーVスペシャル

ボタン押しっぱなしサウンドだけが楽しみ。 最初は演出も昔のサンダーっぽくて楽しんでいたけど、 よく考えたら初代サンダーも大して好きじゃないことに気づく。 コンドルXもそうだけど、これって1/100ペースでボーナス引かないと勝てなくないですか? 今まで相性激悪のスーパーピンゴやミリオンゴッド以上に勝てる気がしない台です。 一度、設定6確定した台を打ってみたいよ。マジで。


I am ジャグラー

これも5号機なんですね。 レアテンパイ音や、1G連、ゾロ目ゲームのサウンド聞きたいけどね。 この台は4号機ジャグ系と大差ないんじゃないかな? 嫌いじゃないです。はい。 けど、ジャグラーシリーズってファイナルジャグラーで終了じゃなかったっけ?


南国育ち

みなし機撤去後のメイン機種。 オリンピアの沖縄系スロは裏南国物語くらいしか相性が良くなかったです。 島唄、島娘、ねぇーねぇー、花伝説etc… 浅い天井とバタフライと物語サウンド…もっと打ちたかったなぁ


南国娘

私にとっては打ちづらい筐体。 リプレイタイムでの擬似連。がんばりは認めます。 早く面白い、盲点をついた5号機出ないかなぁ。


歌姫伝説(パチ)

珍しくパチにハマル。 最近のパチでもHIROMI郷と同じくらいの高評価。 バカボン系以降の前兆が沢山発展しないと当たらない大嫌いな最近のパチですが、 姫の歌が聞きたいがために打っちゃう台。 そうそう。HIROMIと違うのはアマデジがあること。 これが歌姫伝説を良く打った理由のひとつでもあります。 ゲラッゲラッ!


春夏秋冬(パチ)

花満開がリメイクされ、春夏秋冬もリメイク。 大当たり中のサウンドが大好き! ミニキャラ演出は最近になって知りました。あれ意味あるのかね?


とまぁなにげに結構打っていたりします。 秘宝伝で7,000枚出したのなんて2週間くらい前だしね。

みなし機撤去以降は、南国育ち、番長
今年に入ってから秘宝伝、俺の空を良く打っている気がします。

5号機のみの時代になったら・・・もう終わりかなぁ?

.
. .